ニュース・イベント情報
ニュースイベント情報を月別に見る
ニュースイベント情報を項目別に見るニュースイベント情報を地域別に見る

HOMEニュース・イベント情報>【お知らせ】:平成27 年1月29日(木)

【お知らせ】UNU-IAS OUIK 国際シンポジウムの開催について    

          石川・金沢の里山里海「発見」から「連携」へ 〜世界ネットワークを自治体はどう活かすか〜

 国連大学サスティナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU‐IAS OUIK、以下OUIK)は、2008年の設立より世界農業遺産の認定など石川の里山里海資源を世界的に発信する事業に携わってきました。

そしていまや「SATOYAMA」は国際的に通用する概念となりました。

 一方で石川県には能登の里山里海の世界農業遺産をはじめとして、白山ユネスコエコパーク、金沢市のユネスコ創造都市ネットワークへの参加、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」、ラムサール条約登録湿地「片野鴨池」など国際機関による認証を受けた地域・取り組みが多く存在し、それぞれの地域が独自に活動を行っています。OUIKではこれらの取り組みの連携を、生物文化多様性という大きな枠組みのもとで促進することにより、石川県、金沢市の生物文化資源の保全に包括的に取り組んでゆくことを提案したいと考えます。

 2015年5月に金沢市がユネスコ創造都市ネットワーク会議の開催都市となるのを記念し、OUIKでは「都市と里山里海をつなぐ生物文化多様性圏」に関する国際シンポジウムの開催を予定しています。今回のシンポジウムはそのプレイベントとして、生物文化多様性に関連する国際的認定を受けた地域間の連携に注目し、ユネスコ・生物多様性条約事務局による生物文化多様性共同プログラムのユネスコ側担当官のアナ・パーシック氏をゲストに迎え、各地域で保全活動に取り組んでいらっしゃる自治体の方々とともに石川、金沢の生物多様性と文化多様性の保全について考えたいと思います。   (パンフレット抜粋)

 

パンフレットのダウンロード(PDF:529KB) 

 

名  称

 UNU-IAS OUIK 国際シンポジウム 石川・金沢の里山里海「発見」から「連携」

          〜世界ネットワークを自治体はどう活かすか〜

日  時

 平成27年1月29日(木) 13時00分〜17時00分 (開場 12時30分)

場 所

 金沢商工会議所2階 研修室1(金沢市尾山町9‐13) 

主 催

 国連大学サスティナビリティ高等研究所

 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)  

共 催

 石川県、金沢市

後 援

 世界農業遺産活用実行委員会、白山ユネスコエコパーク協議会、白山手取川ジオパーク推進協議会

言 語

 日本語/英語 (同時通訳)

参加料

 無料 

申込方法

 氏名、電話番号もしくはEメールアドレスを記載のうえ、「1月29日シンポジウム参加希望」と明記し、

下記お問い合わせ先までEメールまたはFAXにてお申し込み下さい。

お問合せ

 国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)

   FAX:076-224-2271  Eメール:unu-iasouik@unu.edu