本文へジャンプ

石川県の除雪計画について

1.基本方針

 冬期間において、物資の輸送及び通勤・通学等の県民生活に支障をきたさないよう、「石川県地域防災計画(雪害対策編)」との整合を図りながら、「積雪寒冷特別地域における道路交通の確保に関する特別措置法」に基づき、交通の確保・雪に強い道路づくりを推進する。
 また、これまでの平成13年及び平成16年の金沢市を中心とした集中豪雪、並びに平成21年1月の七尾市を中心とした集中豪雪による冬期交通の混乱を受け、ゲリラ的豪雪にも強い除雪体制を構築し、円滑な道路交通を確保するため、以下の4項目の基本方針により、道路除雪に万全を期する。

(1) 除雪体制の強化

 除雪体制を平常・注意・準警戒・警戒・緊急の5段階に細分化し、県内33箇所で定めた地域警戒積雪深や気象情報を基に、速やかに体制を移行し強化を図る。
 特に、準警戒体制に移行した場合には、金沢市を中心とする地域では、金沢河川国道事務所に「情報連絡本部」を、また、各土木事務所において「地域防雪連携本部」(以下「連携本部」とする。)を開設し、各関係機関からの情報を収集・伝達・共有を図る。
 更に、各市町に雪害対策本部が設置された場合には、県職員を情報連絡員として派遣し、さらなる情報収集・連携体制の強化を図る。    →除雪体制の詳細についてはこちら!

(2) 雪みちネットワーク路線の拡充と優先的確保

 大雪時には、雪みちネットワーク路線について迅速かつ優先的に除雪を行い、幹線道路及びその代替道路、救急告示病院や消防署へのアクセス道路を確保する。更に状況に応じて、隣接土木事務所からの緊急応援により除雪体制の強化を図る。

雪みちネットワーク

幹線道路や救急告示病院・消防署へのアクセス道路を守るため、大雪時には、国、県、市(町)が協力して優先確保する路線です。   →雪みちネットワーク図はこちら!

(3) 関係機関との連携

 大雪時には、道路管理者(国土交通省、石川県、各市町、中日本高速道路(株)、石川県道路公社)及び交通管理者(石川県警)間で連携して、優先的に雪みちネットワ-ク路線の確保を図る。更に状況に応じ、各道路管理者間の相互応援を行う。
 また、「連携本部」において集約した情報を共有するとともに、これに基づき、渋滞対策、交通規制・事故対策、排雪対策についても調整・協議を行う。

(4) 県民への速やかな情報提供

 降積雪状況や交通規制状況などの情報について、パソコンや携帯電話、道路情報板やマスコミを通して速やかに県民へ提供する。また、降雪期前に、県ホームページや自治体の広報誌等を活用し、雪みちネットワーク路線の周知、除雪体制、冬用タイヤの早期交換や路上駐車の禁止、住民の除雪協力などの啓蒙に努める。
 更に、大雪時には「連携本部」により、除雪状況、事故・渋滞情報等の収集、発信の一元化を図る。

ページの先頭へ戻る