●設立の目的

県都金沢が環日本海・北陸の中枢都市として発展していくことを目的として、広域的な都市機能の集積や、景観に配慮した質の高い都市空間の整備を行うための「金沢西部副都心整備計画」が平成9年度に策定されました。
「金沢西部副都心街づくり協議会」は、この計画の実現に向けた推進母体であり、望ましい副都心の形成を進めるための諸活動を行うことを目的として設立されました。

●協議会の構成

名   称/金沢西部副都心街づくり協議会
設立年月日/平成10年7月26日

●活動内容

【街並み誘導支援】
副都心地区にふさわしい施設の立地と景観やバリアフリーに配慮した建築設計を誘導するため、地権者によって結ばれる「街づくり基本協定」の運用等の街並み誘導支援を行います。
【施設の誘致活動】
広域的な機能の集積を図るため、県外を含む企業等に対して、企業説明会開催等の施設の誘致活動を行うとともに、有効な土地の利用方策について調査・研究します。
【地権者の勉強会等の支援】
地権者に対して、望ましい街づくりや税制を含む土地活用等に関する講習会の開催や個別相談等の支援活動を行います。



HOME