時雨亭

施設概要

加賀藩5代藩主・前田綱紀は、1676年(延宝4年)に作事所を城内に移し、その跡に蓮池御亭(れんちおちん)を建て、その周辺を作庭しました。これが兼六園の始まりです。6代藩主・吉徳は御亭を建て替えましたが、明治のはじめに取り壊されるまで、今の噴水の前にありました。藩政後期には時雨亭とも呼ばれており、平成12年3月に現在地に再現しました。庭側の10畳と8畳、さらにそれに続く御囲は、残されていた当時の平面図により復元した部分です。

構造 木造平屋建、柿葺 
面積 270m2
施設内容 座敷10、10、8、8畳、13畳、寄付 8畳、水屋 2カ所
付帯施設 時雨亭芝生 約700m2
長谷池から望む時雨亭

利用案内

利用時間及び休亭日
利用時間 午前9時から午後4時30分まで (最終受付時間 午後4時)
休亭日 年末年始 (12月29日から1月3日)
呈茶利用代金
抹茶 720円 (時雨亭オリジナル生和菓子付き)
煎茶 310円 (和菓子付き)

※呈茶の団体予約は直接、時雨亭へお申し込み下さい。

茶室から望む長谷池
時雨亭オリジナル生和菓子
(季節によって替わります。)

時雨亭平面図

賃亭

お茶会などの文化的行事にご利用いただけます。詳細は下記までお問い合わせください。

貸亭(室)使用料
区 分 全日 (9:00〜16:30) 午前 (9:00〜12:00) 午後(13:00〜16:30)
座敷一、二、三、四 47,720円 24,480円 28,490円
座敷五 15,630円 8,020円 9,360円
全亭 63,360円 32,500円 37,850円 

表の一部が表示されない場合は、スクロールしてください。

時雨亭芝生使用料
全日 (9:00〜16:30) 午前 (9:00〜12:00) 午後(13:00〜16:30)
2,400 円 1,460 円 1,460 円

表の一部が表示されない場合は、スクロールしてください。

座敷三
座敷五