内堀

内堀の復元にあたっては、菱櫓等の櫓台石垣の修築を行いました。菱櫓等を支えていた石垣は、高さが11.7mあります。長い年月と度重なる火災を経て、緩みや孕み、割れなどが随所にあり、天端石も約30cmの高低差が生じていました。今回、石垣として不都合な部分約1200m2、石の総数3766個を取り外し、再使用3108個、新石658個で積み直しを行いました。