お宮広場

四代藩主光高が北ノ丸に徳川家康の霊を祀るために東照宮を建立した。 壮大で華麗な美を尽くしたものだった。明治7年に尾崎神社と名を改め、 明治9年に城外に移転された。この東照宮の跡地が「お宮広場」となっている。
(立入禁止)