黒門

金沢御堂の時代は、ここが御堂の入口で、佐久間盛政が入城した時もここを大手としていたという。前田の時代となり大手は西丁口から尾坂口へと移された。江戸時代は西丁口門と呼ばれ、明治に入って以降、いつの頃からか黒門と呼ばれている。