橋爪門続櫓

「橋爪門続櫓」は二ノ丸の正門である「橋爪一の門」を見下ろす位置にあり、 三の丸広場から「橋爪橋」を渡り、「橋爪一の門」を通って二ノ丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓で、 「橋爪櫓」とも呼ばれていました。続櫓の中央には、物資を2階へ荷揚げするための大きな吹抜けが造ってありました。「橋爪門」も、石川門と同様、かつては枡形であった。