いしかわ森林環境税 石川県農林水産部森林管理課

いしかわ森林環境税とは?

森林のはたらき
森林の現状と課題
いしかわ森林環境税の概要
導入までの検討経緯

いしかわ森林環境税の使い道

手入れ不足人工林の
整備
県民の理解と参加に
よる森づくりの推進

いしかわ森林環境税QアンドA

イベント
ダウンロード
お問い合わせ・リンク
 
トップぺージ > いしかわ森林環境税とは?・森林のはたらき
森林のはたらき


森林は、災害を防ぐとともに良質な水を育み、
きれいな空気や安らぎの空間を提供するなど、
さまざまな恵みを与えてくれており、
私たちの安全で安心な暮らしに欠かすことができません。
(このようなはたらきを森林の公益的機能といいます。)

森林の公益的機能
○ 水源かん養機能

洪水や渇水を防ぎ、おいしい水を提供してくれます。
水源かん養機能の説明図

○ 山地災害防止機能

山崩れなどの山地災害を防いでくれます。
山地災害防止機能の説明図

○ 生活環境保全機能

地球温暖化防止や風害の防止などに貢献してくれます。
生活環境保全機能の説明図

○ 保健文化機能

多様な生物の生息・生育の場や私たちのレクリェーションの場等を提供してくれます。

イラスト:カモシカ イラスト:森林レクリェーション


石川県の森林が有している公益的機能を貨幣換算すると、年間約1兆1,350億円にもなります。これは、県民一人あたり1年間に約100万円の恩恵を森林から受けていることになります。

森林が有している公益的機能を貨幣換算した表


石川県の森林が有している公益的機能を貨幣換算したグラフ

▲ぺージTOPへ