活動インタビュー

山代温泉観光協会

加賀おもてなし

開業に向け、おもてなし力を磨く
昨年からスタートした「おもしろやましろキャンペーン」について教えてください。
山代温泉の魅力をたっぷりと楽しんでもらおうと、レディー・カガや観光ガイドの皆さんが、明治時代の建物を復元した古総湯など、山代温泉のおすすめスポットを案内する「山代湯の曲輪(ゆのがわ)散歩ミニツアー」、山代温泉のスイーツをお得に食べ歩くことができる「山代スイーツ食べ歩きクーポン」、バーやクラブなどで手軽なオリジナルメニューがお楽しめる「ほろ酔いナイトクーポン」の3つの企画を展開しています。例えば、スイーツをお目当てに、到着時間を早める女性客が増えるなど、好評をいただいています。

「おもてなし」の向上にも力を入れているそうですね。
山代温泉で営業している32店舗で「道番屋」サービスを開始しました。店頭に看板がかかっており、道案内やおすすめの店、おいしい名物など、さまざまな情報を提供します。突然雨が降ってきた時には傘を無料で貸し出すサービスもあります。また、旅館や物販店の従業員の方々を対象にした「おもてなしセミナー」を定期的に開催し、満足度の高いサービスの提供に努めています。

プロジェクトイメージ写真 プロジェクトイメージ写真


「レディー・カガ」の取り組みは注目度も抜群です。
山代、片山津、山中、粟津の加賀温泉郷で働く女性で組織する「レディー・カガ」はインターネット上でのPR動画から始まり、駅での歓送迎、観光ガイドなど、誘客やイメージアップに一役買ってくれています。昨年末には組織を法人化して専属社員も配置し、活動をより強化できる体制を整えました。首都圏では加賀温泉郷の認知度はまだまだ低いので、レディー・カガなどを存分に活用して、新幹線開業までに認知度アップを図りたいと考えています。

金沢から加賀への誘客が課題の一つと聞いています。
金沢駅に降り立った観光客に山代温泉まで足を運んでもらえるように二次交通の充実を図ります。例えば、金沢駅から加賀温泉郷へ送迎バスを走らせるのも一つの手です。金沢駅と加賀温泉郷を結ぶ電車の車体を「レディー・カガ」の写真でラッピングし、特別なおもてなしをする方法も検討したいと思います。小松空港が近くにありますから、航空会社と連携して、行きは電車、帰りは飛行機を使う旅行プランも提案できるようにしたいと思っています。