活動インタビュー

金沢ホテル懇話会

広域おもてなし

「一客再来」を目指し、6大プロジェクトが進行中
「金澤八家」の発足のきっかけを聞かせてください。
北陸新幹線金沢開業を目前に平成25年1月、金沢都市型ホテル8社の社長・総支配人で「足を引っぱるより、手を引っぱれ」を合言葉に、活動プロジェクト“金澤八家”を立ち上げました。コンセプトは「官の告知力で千客万来・民のもてなし力で一客再来」です。発足時には、雪がチラホラ降る中、8人で尾山神社に参詣し、神門の下でコートを脱ぎ、肩を寄せ合って親指を立て「Let’s do its.Good job!」と大きな声を掛け合い、結束を誓いました。あれから約1年2カ月、アッと言う間に楽しい時間が過ぎていきました。

どんなことに取り組んでいるのですか。
「有るモノを磨いて、無いモノを創る」をキーワードに、「誘客力」「もてなし力」「名物力」を三本柱とし、6大プロジェクトを立ち上げました。@街道観光プロジェクトでは、「北陸飛騨3つ星街道」「のと里山ゆめ海道」というテーマで旅行商品化プロモーションを実施しました。A海外誘客プロジェクトでは台湾とタイで誘客プロモーションを実施しました。B金沢再発見プロジェクトでは金沢の知られざる伝説を接客時の資料として活用するため、「金沢の不思議」を公募しました。C夜のもてなしプロジェクトではお座敷遊びの体験勉強会を開き、宿泊客へのお茶屋紹介企画を実施しました。Dグルメ開発プロジェクトでは「加賀野菜」「のと里山」「飛騨高山」をテーマにランチスタンプラリーを実施。また、台北便デイリー化記念」「飛騨高山3つ星街道」「武士の献立」をテーマに、ディナーグルメフェアを開催しました。Eお土産開発プロジェクトでは新コンセプトのオリジナル商品を開発中です。

プロジェクトイメージ写真 プロジェクトイメージ写真


特に力を入れていることは何でしょうか。
北陸新幹線金沢開業により「千客万来」は間違いありませんが、一過性に終わらないように、広域にわたりプロジェクトを展開すると同時に「もてなし力」を強化することで、「一客再来」(リピーターづくり)を目指しています。そのためには「顧客大満足」が必要であり、エピソードやサプライズが決め手となります。誘客は1人で100のことを行うより、100人で1つのことに取り組む方が効果的です。時は流れても思い出は残ります。もてなし力を磨き、みんなでお迎えいたしたいと思います。

今後の活動について教えてください。
今年は大詰めの年であり、@街道観光プロジェクトでは「加賀温泉ごくらく街道」「白山麓ロマン街道」というテーマで旅行商品化プロモーションを予定しています。A海外誘客プロモーションでは秋にシンガポールとインドネシアで誘客プロモーションを実施予定です。B金沢再発見プロジェクトは金沢検定でホテルスタッフ200人の受験を目指します。C夜のもてなしプロジェクトではライトアップに付加価値をつける企画を検討中です。Dグルメ開発プロジェクトではタイ等にスポットを当てたランチスタンプラリーやディナーグルメフェアを検討中です。Eお土産開発プロジェクトは新コンセプトの菓子「金澤八家の金沢八菓」を発売予定です。何卒、「もがく金澤八家」にお力添えを賜りますようお願い申し上げます。