活動インタビュー

The Real Japan いしかわプロジェクト推進協議会-海外エージェント・メディアへの情報発信による外国人観光客誘客プロジェクト

リーディングおもてなし

海外富裕層に「本物の石川」を提供
外国人観光客に、石川県はどれぐらい知られていますか。
残念ながら、全くといっていいほど知られていないのが現実です。石川は自然、歴史遺産、伝統工芸、食文化、温泉、旅館などの観光資源が充実し、どれを取っても質の高い本物がそろっているにもかかわらず、海外では石川の魅力は認識されていません。もっとも、日本文化である旅館のことさえ、「それはなに?」と知らない人のほうが大半ですから仕方ないかもしれませんが…

本当に残念ですね。皆さんのプロジェクトでは、そのギャップをどのように埋めていかれるお考えですか。
外国人観光客に人気があるのは、東京、京都、広島、箱根、大阪などです。石川が知られていない背景には、海外の旅行エージェントに情報がほとんど届いていないことが大きく影響しています。このため、私たちは富裕層を顧客の柱にする旅行エージェントやメディアに的を絞り、石川の魅力を発信していく取り組みを行っています。  なぜ富裕層かというと、石川の個性であり強みでもある「本物」の価値を正しく評価する目を持っており、従来の旅行商品に比べてかなり高額なものに対して、対価を支払うだけの所得も持っています。旅行者全体の中で富裕層が占める割合は、人数では3%に過ぎませんが、支出額でみると全体の20%を占めており、このマーケットに特化することにより、石川の観光資源を生かした誘客活動につながると考えています。

プロジェクトイメージ写真 プロジェクトイメージ写真


それは知りませんでした。海外からの富裕層の誘客を増やす取り組みは進んでいますか。
平成23年、富裕層をターゲットにした東京の国際旅行商談会に出展し、欧米や中東、アジアなどから招待した約80社と商談しました。24年は体験視察ツアーとして3社を招待、目の肥えたバイヤーたちも石川の本物に感嘆し、早速、お客様の予約を入れてくれました。  今後も、地道にこの活動を継続するとともに、サービスのレベルアップを図る研究会の開催や、志を同じくする他県とのネットワークを広げて、さらに魅力のあるコースの提案をしていきたいと考えています。