石川四高記念文化交流館
HOME
施設案内
展覧会・イベント
多目的利用室
常設展示
ショップ・刊行物
アクセス・お問合せ
リンク集
サイトマップ

開館時間
  • 多目的利用室・レトロ体験室
      9:00〜21:00
  • 展示室
      9:00〜17:00
      (入館は16:30まで)

休館日
年末年始(12/29〜1/3)

※展示替等で休館することがあります。


入場料
石川四高記念館は無料です。
石川近代文学館は以下のとおりです。
  個 人 団 体
一般 360円 290円
大学生 290円 230円
高校生以下 無料 無料
※団体は20名以上です。
※入場料金は企画展示開催中変わることがあります。

観覧料の減免については、こちら
施設案内
HOME > 施設案内 > 石川近代文学館 > 石川県ゆかりの文学者 > 三文豪

石川県ゆかりの文学者TOP三文豪加賀の作家能登の作家金沢の作家四高現代作家

三文豪 -鏡花・秋聲・犀星の輝き-
三文豪
泉  鏡花(いずみ きょうか) ●泉  鏡花(いずみ きょうか)

明治6年〜昭和14年(1873〜1939)
小説家。本名泉鏡太郎。金沢市生まれ。北陸英和学校中退。上京して尾崎紅葉の門に入る。出世作の『義血侠血』(明治27年)に始まり、観念小説と呼ばれた『夜行巡査』『外科室』(明治28年)で新進作家として認められる。以後、『照葉狂言』(明治29年)『高野聖』(明治33年)などを発表、浪漫主義文学のリーダーとなる。『婦系図』(明治40年)『歌行燈』(明治43年)など、風俗的な作品を残す一方、『夜叉ヶ池』(大正2年)『天守物語』(大正6年)などの幻想的な戯曲は、近代演劇史上異彩を放っている。

徳 田 秋聲 (とくだ しゅうせい) ●徳田 秋聲(とくだ しゅうせい)

明治4年〜昭和18年(1871〜1943)
小説家。本名徳田末雄。金沢市生まれ。四高を中退して上京、尾崎紅葉門に入る。『雲のゆくへ』(明治34年)を刊行し、小説家としての地位を確立。自然主義時代を迎え、『新世帯』(明治41年)『黴』(明治44年)『あらくれ』(大正4年)などを発表、その代表的作家となる。妻の死後、山田順子と恋愛に陥り、一連の「順子もの」を書く。その後、私小説・心境小説を手がけ、『仮装人物』(昭和13年、菊池寛賞)などの名作を残す。最後の長編『縮図』(昭和16年)は、情報局の弾圧のため未完のまま遺作となった。

室生 犀星(むろう さいせい) ●室生 犀星(むろお さいせい)

明治22年〜昭和37年(1889〜1962)
詩人、小説家。本名照道。別号魚眠洞。金沢市生まれ。加賀藩士とその使用人の子として生まれ、生後すぐ雨宝院住職 室生真乗の養子となる。高等小学校中退、裁判所に勤務。俳句から詩に進み、萩原朔太郎と詩誌「卓上噴水」創刊(明治45年)、『愛の詩集』『抒情小曲集』(大正7年)で認められる。小説では『幼年時代』(昭和8年)『あにいもうと』(昭和9年)で注目され、戦後、『杏っ子』(昭和32年、読売文学賞)、『かげろふの日記遺文』(昭和33年、野間文芸賞)などの名作を発表。芸術院会員。


ページのトップに戻る
石川四高記念館石川近代文学館建物について新三々塾
 
石川四高記念文化交流館 金沢市広坂2-2-5  TEL(076)262-5464 FAX(076)261-1609