石川四高記念文化交流館中期経営目標

 

石川四高記念文化交流館では、「石川県行財政改革大綱2011」に基づき、平成24年度〜平成26年度の3カ年度を期間とする経営目標とそれを達成するための取組からなる中期経営目標を策定し、毎年度、その取組状況を報告します。

 

中期経営目標

・ 年間入館者を3年間で5%増加させます。

・ 近代文学館の年間入館者を3年間で12,000人とします

・ 3年間で館全体の満足度を85%以上にします。
・ 利用者一人あたりの一般財源投入額を3年間で10%削減します。

 

目標達成に向けた主な取組内容
・ 県内の小中学校への広報活動については、訪問範囲を広げ、より多くの学校に利用いただけるよう努めます。
・ 現在好評をいただいている朗読会については、開催回数を増やし、初めての方にも興味を持っていただけるような演出を工夫するほか、著名人による朗読会を企画するなど、内容の充実に努めます。

引き続き意見箱への意見やアンケートを通じ、来館者からのニーズの把握に努めるとともに、職員の接遇向上をはじめとしたサービスの向上に努めます。
・ 民間委託業務の点検、見直しを行うなど、引き続き、経費節減や施設運営の効率化に努めます。

 

ダウンロード

2015.02.26 石川四高記念文化交流館中期経営目標取組状況(平成24年度(PDF:210KB 

2015.02.26 石川四高記念文化交流館中期経営目標取組状況(平成25年度(PDF:220KB
2015.10.07 石川四高記念文化交流館中期経営目標取組状況(平成26年度(PDF:206KB