石川県立総合看護専門学校 〒920-8201 金沢市鞍月東2丁目1番地 TEL:(076)238-5877 FAX:(076)238-5879
トップページ 学校案内 入試情報 スクールライフ 先輩からのメッセージ 卒業後の進路と資格 総看Q&A
TOP先輩からのメッセージ>在校生からのメッセージ
先輩からのメッセージ 在校生からのメッセージ

 第二看護学科 奥村祐香 (二年生)

 総看に入学し、2年目を迎えました。学校生活の1日は本当にあっという間に過ぎていきますが、とても充実しています。
 水曜日以外は午後からの授業のため、午前中は自分の時間を確保でき、テスト勉強や看護技術の練習、アルバイトや趣味に時間を使えるので私には大切な時間です。
 そして、この学校の特徴でもある年齢層の幅広さは、グループワークのときに大きく発揮します。人生経験の少ない私にとって、クラスメートとの意見交換は考えが広がったり深まったり、とても刺激的なものです。
 これからの学習は、病院での実習が中心になります。患者様に安心していただけるよう知識や技術を身につけていきたいと思います。


 第三看護学科 脇田敏夫 (二年生)

 私がこの学校に入学した理由は、准看護師としての看護に限界を感じていたからです。
 患者さんにあった看護を行う際には、今の状況を把握した上で根拠に基づき、的確な判断力で対応しなければなりません。そんな先輩看護師のようになりたいと思い入学しました。
 学校と仕事の両立はなかなかハードですが、そのハードさを楽しんでいます。
 それは看護の方法や視点、考え方を深く学べているからです。また、共に看護師を目指す仲間がいることで一段と学校生活を楽しめています。
 私は、様々な状況に置かれている患者さんに対して、的確な判断ができる一看護師になる為に一生懸命頑張っています。


 准看護学科 瀧澤 仁美 (一年生)

 入学前の不安はどこへやら!毎日がめまぐるしく過ぎて行きます。私は社会人を経て当校に入学しました。とめどない不安だけを抱えたまま入学式を迎えましたが、入学後はすぐにクラスメイトと打ち解けることができました。クラスの年代は幅広く、だからこそお互い学ぶものがあり人として、看護師を目指す者同士として高め合うことができます。
毎日の授業に加え看護技術の練習など、学校で学ぶべきことは盛りだくさんです。もし壁にぶち当たることがあっても当校の先生方はどんなに小さな悩みでも受け入れ、親身になって助言してくださるので安心です。今では不安は夢を実現したいという気持ちに変わり、クラスメイト達と日々切磋琢磨しながら看護師への道を一歩一歩前進しています。挑戦するのに遅いということはないのです!共に看護職を目指しませんか。

サブメニュー

アクセスマップ
お問い合せ