先輩職員メッセージ

県民一人ひとりの健康と安心安全な暮らしを支えます

薬学

小堀 真依

石川中央保健福祉センター 保健部 生活環境課 技師

現在の担当業務は何ですか?

石川中央保健福祉センター保健部は、感染症予防や薬事麻薬関連業務、食品衛生・生活環境を含む公衆衛生の向上を図り、県民が健康で安心安全に生活するための重要な役割を担っています。その中で私は、主にレジオネラ症防止対策や旅館・公衆浴場・温泉等における環境衛生の確保に関する業務を担当しています。行政薬剤師は、直接医薬品を扱う機会は少ないですが、”薬”に限らず、薬学部で培ってきた知識を幅広く生かすことができるため、日々やりがいを感じています。

仕事と私生活との両立はできていますか?

現在は、保健所職員が一丸となり新型コロナウイルス感染症対応を行っているため、忙しい時期もありますが、ワークライフバランスが取れているので、仕事もプライベートも充実させることができています。そのため、オンオフの切り替えがスムーズにでき、職場では薬剤師としての使命感を持ち、業務に臨むことができています。

ある1日のスケジュール

8:20 登庁
8:30 メールチェック
9:00 電話・来客対応、事務処理
10:30 監視内容の事前確認
12:00 昼食
13:00 関連施設への立ち入り
16:00 監視記録等資料作成
17:15 退庁