ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 臨床研究に関するご案内
 

臨床研究に関するご案内

 
 石川県立中央病院では後方視的研究(過去の事象について調査する研究)の中で、あらためて研究対象となる方の同意を得ることが困難な場合で研究対象者となる方がこれを拒否する意思をお持ちであることの確認が必要な場合、研究目的・実施内容等の情報を当該ホームページ上で公開しております。
 研究目的・実施内容等の中に同意しがたいものがある場合は、下記研究課題に記載された連絡先にお申し出ください。特段のお申し出がない場合は、個人情報を利用することに対して同意が得られたものとさせていただきます。
 ■ 臨床研究一覧
掲載日 研究課題名 対象となる方 担当科 研究責任者
平成25年1月7日 バーチャルナビゲーションシステムと超音波内視鏡を併用した気管支鏡検査の診断に関わる因子に関する研究(PDF形式) 平成21年4月から平成24年12月の期間にナビゲーションシステム下超音波細径気管支鏡検査を受けた方 呼吸器内科 呼吸器内科
科長 西 耕一
平成25年3月8日 実地診療における膵癌患者の臨床的特徴と治療の検討(PDF形式) 平成19年1月1日より平成24年9月30日の期間に当院で膵癌と診断された方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成25年7月3日 全国IVR症例登録事業参加について(PDF形式) これまで当院でIVR治療を受けられた方
※IVR:エックス線透視や超音波像、CTなど画像診断装置を使用しながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す治療法
放射線診断科 放射線診断科
科長 小林 健
平成26年7月29日 レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究(PDF形式) 2014年7月〜2016年3月31日の間、当院で急性心筋梗塞、重症心不全の治療を受けた方 循環器内科 循環器内科
副院長 金谷 法忍
平成26年7月31日 中下咽頭癌の咽頭スクリーニング見逃し病変の後方視的検討(PDF形式) 2008年9月から2013年5月までに当院で咽頭癌に対する全身麻酔下の内視鏡治療を行った方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成26年8月13日 胃カルチノイドRindiV型(Neuroendocrine Tumor Grade 1,2; NET G1,2)のリンパ節転移危険因子に関する多施設共同後ろ向き研究(PDF形式) 胃癌取扱い規約第14版のカルチノイド腫瘍(WHO分類NET G1またはG2)のうちRindiV型で外科手術及び内視鏡治療を受けた方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成27年5月29日 切除不能混合型肝癌に対する治療の後向き研究(PDF形式) 混合型肝がんと病理学的に診断され、かつ、切除不能であるために全身化学療法を受けた方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成27年8月26日 EGFR T790M変異が認められた進行/再発非小細胞肺癌患者における治療実態および予後の調査(後ろ向き観察研究)(PDF形式) 2008年1月1日〜2014年12月31日の間に上皮成長因子受容体(EGFR) T790M変異が確認された、EGFR活性型遺伝子変異を有する進行/再発 非小細胞肺癌(NSCLC)と診断された方 呼吸器内科 呼吸器内科
科長 西 耕一
平成27年9月1日 腹腔鏡下肝切除術の治療成績に関する多施設共同研究(PDF形式) 2010年1月1日より2014年12月31日までの間に当院で腹腔鏡下肝切除術を施行された方 消化器外科 消化器外科
科長 伴登 宏行
平成27年10月30日 特発性間質性肺炎合併肺癌患者の内科治療に関する後ろ向き調査(PDF形式) 間質性肺炎に合併した進行肺癌(臨床病期:IV期または術後再発)と診断された方 呼吸器内科 呼吸器内科
科長 西 耕一
平成28年2月26日 全国肺癌登録調査:2010 年肺癌手術 症例に対する登録研究(PDF形式) 呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設である当院において、2010年1月1日から2010年12月31日の間に、原発性肺癌に対する治療目的で行った手術を受けられた方 呼吸器外科 呼吸器外科
科長 常塚 宣男
平成28年2月26日 TSU-68臨床第V相試験終了後の観察研究(JIVROSG-1501)(PDF形式) TSU-68臨床第III相試験に登録され,偽薬 (プラセボ) を投与された方 放射線診断科 放射線診断科
科長 小林 健
平成28年9月7日 Oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の全国遡及的調査研究(PDF形式) 2004年1月から2015年6月までに体幹部定位放射線治療(SBRT)が行われた肺Oligometastases症例で、総線量が生物学的等価線量(BED)75Gy(α/β=10Gy)以上照射された方 放射線治療科 放射線治療科
科長 大橋 静子
平成28年9月7日 十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡的切除の安全性と有用性に関する検討(PDF形式) 2002年から2016年6月までのあいだに、十二指腸非乳頭部腫瘍に対して内視鏡的切除を行った方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成28年9月29日 免疫不全関連リンパ増殖性疾患の臨床、画像病理学的特徴に関する多施設共同研究(PDF形式) 2005年1月1日〜2016年6月30日の間に当院で免疫不全関連リンパ増殖性疾患と診断された方 放射線診断科 放射線診断科
科長 小林 健
平成28年10月14日 治癒切除 (R0/R1)を施行したStage IV胃癌を対象とした多施設共同後向き観察研究(PDF形式) 2008年1月1日から2012年12月31日の間に本研究参加施設でStage IV胃がん(腹膜播種、腹腔洗浄細胞診陽性胃がんを除く)で手術を行われた方 消化器外科 消化器外科
部長 稲木 紀幸
平成28年10月19日 腹膜播種及び腹腔洗浄細胞診陽性胃癌を対象とした多施設共同後向き観察研究(PDF形式) 2008年1月1日から2012年12月31日の間に研究参加施設で審査腹腔鏡または開腹手術を行なっている、胃がんで腹腔洗浄細胞診陽性または腹膜播種あるいはその両方が判明している方 消化器外科 消化器外科
部長 稲木 紀幸
平成28年12月26日 小径腎癌手術適応の妥当性に関する病理学的検討(PDF形式) 2011年5月から2016年8月までに当院泌尿器科で腎癌に対し、腎摘出術もしくは腎部分切除術を施行した方 泌尿器科 泌尿器科
部長 中嶋 孝夫
平成29年1月31日 腸骨動脈・大腿膝窩動脈・膝下動脈病変を有する閉塞性動脈硬化症患者における血管内治療(EVT)の安全性と有効性に関する多施設・後ろ向き研究(PDF形式) 2011年8月1日から2013年7月31日の間に、閉塞性動脈硬化症に対する血管内治療を受けた方 循環器内科 循環器内科
部長 三輪 健二
平成29年2月9日 偽膜性腸炎患者の下痢症状は整腸剤で早期改善するかを検証する多施設共同研究による観察研究(PDF形式) 2011年4月から2016年12月までの間に当院入院した患者さんのうち、偽膜性腸炎またはクロストリジウム・ディフィシル腸炎と診断された方 救急科 救急科
医員 南 啓介
平成29年2月21日 維持血液透析患者における菌血症に関する後方視的疫学研究(PDF形式) 外来で維持血液透析を受けている患者さんのうち、2013年1月1日〜2015年12月31日の期間に血液培養の検査を受けた方 腎臓内科・リウマチ科 腎臓内科・リウマチ科
医長 鈴木 康倫
平成29年5月30日 膵癌・乳癌・卵巣癌・前立腺癌いずれかの家族歴を有する、または、乳癌・卵巣癌・前立腺癌いずれかの既往歴を有する、遠隔転移を伴う膵癌を対象としたゲムシタビン/オキサリプラチン療法(GEMOX療法)の多施設共同第II相試験(FABRIC study)附随研究 家族歴を有する膵癌患者における生殖細胞系列変異に関する研究(PDF形式) 膵癌・乳癌・卵巣癌・前立腺癌いずれかの家族歴を有する、または、乳癌・卵巣癌・前立腺癌いずれかの既往歴を有する、遠隔転移を伴う膵癌を対象としたゲムシタビン/オキサリプラチン療法(GEMOX療法)の多施設共同第II相試験(FABRIC study)に参加され治療を受けられた方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成29年6月8日 先進医療としての腹腔鏡下広汎子宮全摘術の実態に関する調査研究(PDF形式) 平成26年12月から平成28年12月の間に、早期子宮頸癌(1A2 期、1B1 期、2A1 期)に対して先進医療として腹腔鏡下広汎子宮全摘出術を施行した方。 産婦人科 産婦人科
科長 干場 勉
平成29年6月8日 心房細動アブレーション後の抗凝固療法の使用実態と追跡調査 (AF Frontier Ablation Registry)(PDF形式) 2012年1月1日以降に心房細動に対するカテーテルアブレーションを施行し、術後一年以上経過した方 循環器内科 循環器内科
部長 井上 勝
平成29年7月4日 ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究(PDF形式) 2014年7月1日より2016年9月30日までに切除不能大腸癌に対してロンサーフ(TFTD)単独療法が開始された患者さん 消化器外科 消化器外科
科長 伴登 宏行
                                        
                                        
                                        
 
 疫学研究・臨床研究に関する倫理指針において、研究対象となる方の同意を得ることが必ずしも必要ではないが、当該研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開しなければならないものがあります。それについて以下のとおり公開いたします。
 ■ 臨床研究一覧
掲載日 研究課題名 対象となる方 担当科 研究責任者
平成26年3月7日 エルプラットの経静脈投与による血管痛の危険因子および鎮痛薬の予防効果の多施設共同解析(PDF形式) 平成20年4月から平成25年3月の期間に当院でエルプラットを投与された方 薬剤部 薬剤部
部長 柏原 宏暢
平成26年7月8日 早期胃癌診断におけるwhite globe appearance (WGA)の有用性の検討(PDF形式) 平成25年7月〜平成26年1月の間に当院で上部消化管内視鏡検査を受け、胃腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術を受けた方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成26年8月13日 胃粘膜下層剥離術(ESD)におけるClip and snare method using pre-looped snare techniqueの有用性についての後ろ向き研究(PDF形式) 2009年1月から2014年2月までの期間に、当院で胃ESDをうけた方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成26年8月13日 北陸地区における包括的薬剤耐性菌サーベイランスと伝播様式の解析(PDF形式) 2011年4月1日から2017年3月31日までの間に当院で細菌培養検査を受け、その検体から薬剤耐性菌が分離された方 検査室 検査室
主幹 新川 晶子
平成27年2月12日 ハイリスク患者の早期消化管腫瘍に対するアンゴンプラズマ凝固焼灼法に関する遡及的研究(PDF形式) 2013年5月までにハイリスク(腎不全、肝硬変を含めた重い基礎疾患を合併)のために、早期消化管腫瘍(癌、腺腫または高異型度上皮内腫瘍)に対してアンゴンプラズマ焼灼治療をおこなった方 消化器内科 消化器内科
科長 土山 寿志
平成27年2月20日 早産児における左房容積および動脈管開存症評価(PDF形式) 在胎23週0日〜29週6日で出生した早産児 新生児科 新生児科
医長 北野 裕之
平成27年6月5日 直腸癌側方リンパ節転移の術前診断能の妥当性に関する観察研究(PDF形式) 側方リンパ節郭清を伴う直腸切除術を受ける方 消化器外科 消化器外科
科長 伴登 宏行
平成28年1月7日 救急医療領域における生体侵襲と生体反応の病態解明とその臨床応用に関する多施設共同研究(PDF形式) 年齢が16歳以上の重症敗血症または急性肺障害(ALI)/急性呼吸促迫症候群(ARDS)の方で、当院に搬入された方、又は入院する方 救急科 救急科
科長 明星 康裕
平成28年1月7日 肺炎球菌・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症の多施設共同研究(PDF形式) 平成28年2月から平成29年3月31日の間に、肺炎球菌・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症で当院に入院する方 救急科 救急科
科長 明星 康裕
平成29年7月6日 日本外傷データバンクへの外傷患者登録と、登録データを用いた臨床研究(PDF形式) 2016年7月11日〜2020年3月31日に当院救急部に入院された外傷患者さん 救急科 救急科
科長 明星 康裕
                                        
                                        
                                        
                                        
                                        
▲ページの先頭へ 
 
HOME