初期臨床研修
  • ホーム
  • [初期臨床研修]研修医からのメッセージ

研修医からのメッセージ

多田 貴康(初期研修医2年次)


 医師として初期臨床研修を行うにあたり、みなさんは良い研修施設で医業を行いたいと思っているでしょう。当然良い施設というのは人それぞれ考えが異なるとは思いますが、 私は当院をぜひお勧めします。

 私が当院を候補として選んだ理由としては、豊富な症例数があること、同期の人数が12人であり、程良い人数であると感じたこと、指導医の数が多いこと、 これらすべてを満たしていると見学して感じたからです。(正直見学だけでは漠然としか感じませんでしたが、働いてみて、上記のことが確信へ変わりました。)

 私はあらゆる主訴の患者の初期対応ができることを目標の一つとしていますが、実際に当院で1年間研修してみて、研修医主体で患者を診させてくださる機会が非常に多く、 教科書での知識と違い、生の臨床での経験がこれまで紙で学んだ知識を更に深いものとさせてくれたと感じました。特に当院研修の特徴の目玉である救急外来当直はwalk inの患者 を全て1,2年目の研修医がファーストタッチを行い、軽症から重症まで様々な経験を積むことが可能です。責任ある仕事ですが、もちろんバックには気軽にコンサルトできる救急科の 医師が常にいること、翌日には診察した患者全てについて指導医からの振り返りがあるので、非常に勉強になり、安心して当直に入ることが出来ます。指導医の先生方も毎年多くの 研修医の指導に当たっており、熱心に指導してくださいます。臨床の場で疑問に思ったことは、研修医や指導医とで定期的に開催している症例検討会で発表することにより、 研修医同士で確実に共有、フィードバックできます。

 また明るい同期や先輩方に、日々の業務や日常性格で疑問に思ったこと、悩んでいることを気軽に相談できる環境があり、仲間で飲み会や食事に行き楽しい時間を過ごしたりもします。 医療に没頭するときはとことん没頭し、息抜きをするときは楽しく過ごす、メリハリがしっかりしているのも当院の良い雰囲気であるようにこの1年間で感じました。

 このパンフレットを読んでいる皆様が当院に来られる頃には、県内で最新の病院となっていることでしょう。医師としての最初の2年間を、当院で研修し、時には辛いこともあるでしょうが、 豊富な症例をベースとした生きた知識を獲得し、使いこなして、楽しい研修生活を送りませんか?
 まずは当院の見学へ是非お越しください。

伏田 奈津美(初期研修医2年次)

 私がこの病院を選んだ理由は大きく分けて2つあります。それは、
①研修プログラムの多様さ、②救急研修の充実度 です。

①研修プログラムの多様さ
 当院では、厚生労働省が定める必修分野と選択必修分野を最低限回ってしまえば、残りの期間(約11ヶ月間)のローテーションを自由に選択することができます。 自分が将来進みたい科を重点的に回ることもできますし、スーパーローテートして様々な科を回ることも可能です。週単位で細かくローテーションを組めるのも、 他の病院にはない魅力だと思います。また各科の先生方も研修医のこのような回り方に慣れているので、2、3週間という短い期間でも親切丁寧に指導してもらえます。

②救急研修の充実度
 当院は、石川中央医療圏で唯一の救命救急センターです、救急車の受け入れ台数は年間3,000件を超えており、これは北陸の有名病院と比較しても引けをとりません。 運ばれてくる患者さんも重傷外傷から呼吸不全、院外心停止まで様々です。救急科をローテートすると、このような多種多様な患者さんを間近に学ぶことができます。 これだけ聞くと「自分にそんなことができるのだろうか・・・」と不安に思うかもしれませんが、救急の研修は1年次と2年次の両方で行ういわゆる「屋根瓦方式」 ですので、身近に質問できる先輩がおり、とても心強いです。
 また、救急当直では、walk-inで来た患者さんの問診から身体診察、検査のオーダー、薬の処方まですべて自分たちで行うことができます。commondiseaseを持つ患者さん にファーストタッチできることはとても貴重な機会ですし、2年間続けることで確実に医師としての診察力がつくと考えます。 また、夜間でも救急科の先生が常に待機していますので、困った時はいつでもコンサルトすることができます。

 このように理由を述べてきましたが、他にも学会や地方会で発表する機会に恵まれている事や、指導医や同期の数の多さなど、おすすめしたい点はたくさんあります。 以前レジナビで学生に「あえてこの病院の不満点を挙げるなら?」と聞かれたことがあり、その時は「病院が古いこと(日本一古い公立病院らしい・・・)」と答えてましたが、 平成30年1月に新病院が開設予定ですので、その不満も解消されてしまいます(笑)
 これを見ている医学生の皆さんが医師になる頃には新病院が完成していることでしょう。皆さんと新病院で働けることを楽しみにしています!     

ページトップページの先頭へ戻る