ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内緩和ケア内科 > 診療内容
本文へジャンプ

 

緩和ケア内科

○当科の使命

 緩和ケアとは,「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」です.重い病(がん、など)を患うと、病に伴うつらさや治療に伴う様々なつらさが生じます。また、寄りそう家族もつらくなります。当科では、がんと告知された時からそれらのつらさを和らげる治療やケアを提供していくことを心がけています。

 がんは日本人の死因で最も多い病気です。現在、3人に1人ががんで亡くなっています。がんになると、さまざまなつらさ(痛み、吐き気、倦怠感、食欲不振、腹部のはりなど)が出現します。患者さんは、「がんになったのだからしょうがない」とか「つらさを訴えるのはみっともない」などと思いがちです。緩和ケアを行うことによって、より快適な状態で治療を受けることができるため、生存期間も長くなるということが分かっています。

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK