ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内緩和ケア内科 > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

緩和ケア内科

○専門分野・特徴・他

 当科ではより質の高い緩和ケアを提供するため、各外来診療科、全ての病棟や各部署(化学療法室、放射線治療室、救急、手術場、透析室、リハビリ室など)と密に連携をとり、より早く対応するように心がけています。がん診療拠点病院の指定要件にも掲げられたスクリーニングをがんと告知された時から導入し、患者さんやその家族が言い出しにくい思いを把握するように努めています。

【外来での緩和ケア】
 入院中から関わっている患者さんが退院された場合、引き続き外来で継続的に関わっていきます。また、外来患者さんや院外からの紹介患者さんも診察を行っています.受診を希望される方は、担当医、看護師、医療相談または地域医療連携室に御相談ください。

【入院中の緩和ケア】
 入院された時点からなるべく早く、患者さんの体のつらさや精神的なつらさを確認します。そのつらさに対して、もちろん主治医や病棟のスタッフで対応しますが、必要に応じて緩和ケアチームの担当者が患者さんとその家族を支援します。当院の緩和ケアチームは2003年から活動しており、経験豊富かつ実績のあるチームです。緩和ケアチームのスタッフは以下のとおりです。

医師 重い病に伴う様々な症状をやわらげます。
 身体担当医師 痛み、吐き気、息苦しさ、だるさなど多彩な症状に対して、薬を使ったり、日常の工夫をしたりして、つらさを和らげる方法を考えていきます。
 精神担当医師 心のつらさを和らげるために、薬を使ったり、カウンセリングしたりします。
看護師 緩和ケアに関する専門的な知識や技能を持つ専門・認定看護師などが支援します。
薬剤師 痛みなどの症状をやわらげるための薬についての説明や指導を行います。
   →薬剤師からのアドバイスはこちら(PDF)
リハビリ専門職 リハビリテーションを通して症状や痛みの緩和を目指します。体の機能を維持・改善を目指します。
   →リハビリの詳細はこちら(PDF)
管理栄養士
調理師
味付け、盛り付けの工夫など患者さんに合わせた食事をできる範囲で提供します。
   →食のサポートについて(PDF)
歯科衛生士 口腔乾燥、口内炎などの口腔トラブルに対し専門的に支援します。
   →歯科衛生士の役割について(PDF)
カウンセラー 重い病に伴う心の問題(不安、うつ状態など)について専門的に支援します。
ソーシャルワーカー 1.医療が続けられるように支援します(医療費の問題,家族との関係調整など)
2.医療を受ける場所を選べるよう支援します(ホスピス病院への転院,在宅で緩和ケアを受けるための調整(往診、訪問看護、介護サービス等)
   →医療相談室の紹介はこちら(PDF)

 緩和ケアチームのスタッフは、患者さんの悩みや不安について、一緒に考え、納得できる選択をするために支援していきたいと思っています。


       
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK