ホーム サイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ各診療科のご案内 > 栄養部

栄養部の紹介

 栄養部では、患者さんの栄養状態やさまざまな病気の症状に応じたお食事をお出しし、患者さんの栄養管理に努めるとともにお食事が入院中の楽しみとなるよう、日々取り組んでいます。
 また、入院や外来の患者さんお一人お一人の病状や食習慣、生活環境に応じた食事のとり方をアドバイスし支援しています。
 さらに、栄養サポートチームや緩和ケアチームなど、チーム医療の一員として他職種と共に活動しています。


入院中の栄養管理

 治療効果を高めるためには、栄養状態を適切に保つことが大切です。そのため、病気の状態だけでなく、栄養の状態を確認し、食欲がない、かみにくいなどにより食事が十分食べられない場合のサポートなども行っています。


お食事のご案内

 当院のお食事は、医師の指示に基づいて患者さんにお出ししています。患者さんがよりおいしく召し上がっていただくために、保温配膳車を使用し温かいものは温かく提供しています。


食事の種類

一般食
常食、軟食、極軟食(全粥)、極々軟食(5分粥)、流動食、小児食などで、特別な制限のないお食事です。
特別食
腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、脂質異常症食、痛風食などで、患者さんの病状等に応じたお食事です。

食事時間

  • 朝食:7時30分
  • 昼食:12時
  • 夕食:18時

行事食

 月に1〜2回行事食や、季節の料理をお出ししています。

 あゆ料理の写真
 あゆ料理
 七五三の食事例 
七夕
 正月料理の写真
正月料理 

選択メニュー

1.主食(ご飯やパンなど)と朝の飲み物を選んでいただけます。
2.常食と軟食の方は、水・木・金曜日の昼食時に、二種類のうちお好きなメニューの方を選んでいただけます。毎回好評です。


お食事の相談

医師の指示に基づいて、お食事のお話(栄養相談)を行っています。
ご希望の患者さんは、主治医を通して予約をお願いします。

栄養相談のスケジュール

内  容 日  時
個別 (外来・入院) 月曜日から金曜日 (祝日はお休みです)
集団 糖尿病教室 毎週火曜日から金曜日(下表を参照ください)
 午後2時30分から(祝日はお休みです)
循環器教室 第2火曜日 午後3時から

糖尿病教室のご案内

場所:健康教育館2階 小研修室2

  時 間 内   容 担 当
火曜日  14時30分〜15時00分 検査のお話し
〜ヘモグロビン エーワンシーってなあに?〜
検査技師
15時00分〜15時30分 お薬のお話し
〜内服のお薬、インスリン注射にはどんなものがある?〜
「お薬説明書」や「お薬手帳」をお持ちの方は当日ご持参ください
薬剤師
水曜日 14時30分〜15時30分 糖尿病食は健康食、家族みんなで!
〜食べ過ぎず、バランス良く〜
〜外食の注意点、嗜好品とのつきあい方〜
管理栄養士
木曜日 14時30分〜15時00分 糖尿病・合併症について
〜糖尿病について〜(隔週)
〜合併症について〜(隔週)
医 師
15時00分〜15時30分 歯周病ってどんな病気?
(隔週)
歯科衛生士
金曜日 14時30分〜15時00分 今日からはじまる運動療法
〜運動の効果を知っていますか〜
理学療法士
15時00分〜15時30分 療養生活のポイント
〜快適な生活が送れるように〜
看護師
火曜日は、検査技師と薬剤師が隔週で行います。木曜日の歯科衛生士は隔週で行います。

栄養サポートチーム(NST)

 NST(NST:Nutrition Support Team)について
 栄養管理は全ての医療の基本であるという信念のもと、医師・管理栄養士・看護師・薬剤師らが専門のチームを組み、患者さんお一人お一人の病状や栄養状態等に応じた栄養管理を実施することにより、その患者さんの病気の回復を早めたり、QOL(生活の質)の向上を目指しています。

 当院では、2005年4月からNST活動を続けています。日本静脈経腸栄養学会及び日本栄養療法推進協議会より 「NST 稼働施設」 として、認定されています。

緩和ケアチームへの参画

 がん治療に取り組む患者さん・ご家族へできる限りのサポートをさせていただくため、2003年より緩和ケアチームが活動しています。
 栄養部では、緩和ケアで介入した患者さんお一人お一人のベットサイドに、担当の調理師・管理栄養士が訪問し、ご要望に合わせたお食事(藤食)を提供しています。 「緩和ケア内科へリンク」

一口大のサイコロお結びの写真、横になったままでも食べやすいので好評です。小児食の一例、見た目も楽しんでいただけるよう工夫しています。

 
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK