ホーム サイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ各診療科のご案内 > 薬剤部
 
薬剤部
Pharmacy Department
     
 
1.概要 5.補給室業務
2.調剤室業務 6.院内製剤業務
3.病棟業務 7.がん化学療法業務
4.医薬品情報管理業務 8.地域連携
 

 1.概要

   当薬剤部は、安全かつ効果的な薬物療法を実施するため、すべての医薬品の供給・管理を担っており、医薬品適正使用を推進し、医師・看護師・その他の医療スタッフとともに医療チームの一員として高度な医療を支えています。

 薬剤師は、入院患者さんの薬歴管理と服薬指導を介して、患者さんの薬物療法への認識を向上させ、また、患者さんから得られた情報を医師にフィードバックすることにより、薬物療法を支援しています。
  
 
  学会等認定制度による研修施設の認定
 当薬剤部は、日本薬剤師研修センター研修実施機関、日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設、がん専門薬剤師研修施設、日本病院薬剤師会HIV感染症薬物療法認定薬剤師養成研修施設に認定されています。複数の学会認定薬剤師および指導薬剤師が、病院内外の薬剤師に対して、教育研修や卒後研修を実施しています。

 薬剤師は、積極的に専門資格の取得に努めており、その専門資格を活かして、医師との協働による薬物療法を推進し、チーム医療に貢献しています。
 
 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師  12名
 日本薬剤師研修センター 認定実務実習薬剤師  5名
 石川県薬剤師会 研修認定薬剤師  1名
 日本病院薬剤師会 認定薬剤師  7名
 日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師  5名
 日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師  1名
 日本医療薬学会 認定薬剤師  1名
 日本医療薬学会 がん指導薬剤師  1名
 日本医療薬学会 がん専門薬剤師  3名
 日本医療薬学会 がん薬物療法認定薬剤師  1名
 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師  1名
 日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師  2名
 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師  2名
 日本病院薬剤師会 HIV感染症専門薬剤師  1名
 日本病院薬剤師会 HIV感染症認定薬剤師  3名
 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士  2名
 日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士  3名
 日本アンチ・ドーピング機構認定 スポーツファーマシスト  2名
 
 

 2.調剤室業務

 

調剤業務

   処方箋(内服・外用)は、オーダリングシステムを用い、禁忌薬剤等がないか確認のうえ入力されます。薬剤師は、持参薬を含めた、飲み合わせ(禁忌薬剤、薬物間相互作用)、薬の量(用量)、飲み方(用法)などのチェック(処方監査)を行ったうえで調剤しています。特に、年齢、腎機能等によって用量の調整が必要な薬剤に対しては、調剤前に電子カルテで臨床検査値等を参照し、適切な投与量かどうかの確認を行っています。

 調剤には、錠剤自動分包機、散剤自動分包機、薬袋印字機等の調剤機器を使用し、業務が円滑に行われるようにしています。また、散剤監査システムを導入し、秤量した散剤を照合、記録保存することで秤量ミスを未然に防止しています。また、錠剤を一包化調剤することで服薬支援するとともに、看護師業務の省力化を図っています。

 患者さんには、“お薬説明書”(薬剤情報提供用紙)や “おくすり手帳シール”を交付し、服薬指導を行うなど、安全で効果的な服薬を支援しています。
 
散剤の調剤風景
散財の調剤
薬剤監査の風景
調剤監査
 
薬袋プリンター
薬袋プリンター
 
 
 
 

外来相談業務

   本院では、平成18年10月より、外来患者さんには原則として院外処方せんを発行しています。皆様のご理解とご協力をお願いします。

 調剤室に隣接した場所に「薬相談室」を設置し、患者さんからの問い合わせや相談に応じています。また、呼吸器内科医師の依頼で、喘息治療薬の吸入指導も行っています。
 
喘息治療剤の吸入指導
喘息治療剤の吸入指導
 
 
 
 

入退院センター業務

   薬剤師が入院前の患者さんに面談を行い、持参薬の内容や服薬状況、自己管理が可能かどうかについて聞き取りを行っています。手術のために入院される患者さんには、予め、手術前に中止する必要のある薬剤を服用しているかどうかを調べ、医師に情報提供しています。また、中止薬を服用中の患者さんには、その医薬品名と中止期間を説明し、予定どおり手術が受けられるように支援しています。

 退院時の薬は原則、薬剤部窓口でお渡ししております。その際、薬剤師が薬の内容を確認し、服用方法や服用上の注意点について説明しております。
 
 

 3.病棟業務

 

病棟薬剤業務、薬剤管理指導

   集中治療室を含む全病棟に担当薬剤師を配置し、入院患者さんに対する薬剤管理指導や医薬品安全使用のための業務を行っています。

 薬学的患者ケア(ファーマシューティカル・ケア)として、入院患者さんの持参薬・服薬歴・副作用歴・アレルギー歴等を確認し、今後の薬物治療計画について医師を支援しています。

 また、薬の説明、薬の相談対応、副作用回避のための処方確認、薬物血中濃度解析(TDM)等の治療モニタリング、処方提案等を実施し、適正で安全な薬物療法に貢献しています。
 
服薬指導
服薬指導
病棟での持参薬検薬
病棟での持参薬検薬
 
 
 

チーム医療

   院内には、NST(栄養サポートチーム)、ICT(院内感染制御チーム)、HIV診療チーム、緩和ケアチーム、褥創対策チームなどの専門のチームがあり、薬剤師がチーム医療の一員としてカンファレンスや回診に参加しています。また、院内のスタッフの教育・啓発に対し、薬の専門家としての役割を担っています。
 
ICTカンファレンス
ICTカンファレンスへの参加
 
 
 

 4.医薬品情報管理業務

   医薬品情報室では、医薬品の安全性情報や回収情報、添付文書の改訂に関する情報を、厚生労働省ホームページ、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)ホームページなどから収集し、院内に提供しています。また、院内採用薬に関する問い合わせに応じ、その情報を収集・解析・評価・整理し、院内に還元しています。

 医薬品は、適正に使用したにもかかわらず、その副作用により重篤な健康被害が生じる場合があります。医薬品情報室では、院内における医薬品使用によるアレルギー・副作用情報を収集・管理するとともに、医師と連携してPMDAに副作用報告を行っています。あわせて、医薬品副作用救済制度の案内も行っています。

 また、院内医薬品集に関すること、薬事委員会、治験審査委員会、治験事務局、市販後調査に関する事務などを担当しています。
 
医薬品情報室
医薬品情報室
 
 
 

 5.補給室業務

 

補給管理業務

   院内で使用する医薬品の発注、納品の検収を行っています。特に、規制医薬品(麻薬、覚せい剤原料、向精神薬(第1種、第2種)、毒薬)及び特定生物由来製品については、購入や払い出しの記録保管を行っています。

 また、調剤薬以外で、病棟、外来及び手術室に定数保管されている薬剤や救急カート内の薬剤について、定期的な管理(定数の補充や使用期限の確認等)を行っています。
 
 
 

注射薬払い出し業務

   入院患者さんの注射処方箋は、オーダリングシステムにより禁忌薬剤等がないか確認のうえ入力されます。薬剤師は、薬物間相互作用に問題がないか、用法・用量、投与経路、点滴速度に誤りがないか、特に、年齢、腎機能等によって用量の調整が必要な薬剤に対しては、臨床検査値を参照し、適切な投与量かどうか、また、配合変化(配合により変色や白濁が発生しないか、PHの変化や含量低下が許容範囲内か等)の確認(処方監査)を行っています。特に、抗がん薬処方箋については、がん化学療法治療計画書(レジメン)に従った内容であるか、休薬期間に誤りがないかを薬歴表等で確認を行っています。

 注射薬のセットは、注射薬自動払い出しシステム(アンプルピッカー)を用いて、患者の一施用単位ごと行い、注射ラベルを添えて病棟に搬送しています。
 
アンプルピッカー
注射薬自動払い出しシステム(アンプルピッカー)
 
 
 

 6.院内製剤業務

   医薬品の製造や販売は、薬事法により厳密に規制されており、製薬企業は、厚生労働省から承認を受けて医薬品の製造及び販売を行っています。一方、医療の現場では、必要不可欠でありながら、需要が少なく、採算性の問題から製造されていない医薬品や、安定性の確保が難しいなどの理由により製造されていない医薬品があります。しかしながら、患者さんの疾患や病態は様々であり、市販されている医薬品だけでは、特殊な医療ニーズに対応できないことがあります。そのため、患者さんの病態に合わせ、市販されていない医薬品を最適な剤形で製剤することが求められます。

 当院では、医師の院内製剤の求めに応じ、薬剤師がその専門性を活かし、各種文献や学会報告等の情報をもとに、安全性や有効性、必要性等を検討したうえで、院内承認を受けて院内製剤を調製しています。

 製剤室では、医薬品の製造基準であるGMPや製剤総則に準拠し、特に、注射薬などの無菌性が求められる製剤については、無菌室内のクリーンベンチにて調製するなど、安全・安心を第一に品質管理を徹底しています。また、小児病棟で投与される高カロリー栄養輸液は、クリーンベンチで無菌的に混合調製しています。その際、混合する輸液製剤の組成をチェックし、必要に応じて医師に疑義照会するなど、薬剤師として、安全な栄養療法の実施に携わっています。
 
院内製剤の調製
院内製剤の調製
高カロリー輸液の調製
高カロリー輸液の調製
 
 

 7.がん化学療法業務

   当院で実施されるがん化学療法は、レジメン審査委員会で審査・承認されたがん化学療法治療計画書(レジメン)に従って実施されます。薬剤師は、レジメン審査委員会におけるレジメンの審査、登録、管理に携わっています。

 外来治療室では、専任のがん専門薬剤師を配置し、抗がん薬投与前に、レジメンに沿った治療内容であるか、患者さんの採血結果が薬物治療の内容に適切であるかを医師、看護師と確認するとともに、副作用の発現状況等を聞き取り、必要であれば支持療法の処方提案を行っています。また、調剤室および病棟担当薬剤師と連携し、がん患者指導管理、抗悪性腫瘍薬処方管理業務を行っています。

 抗がん薬は、調製者の職業被曝を防ぐため、全排気方式の安全キャビネットを使用して無菌調製するとともに、調製時の飛散・漏出を低減するため、閉鎖系調製器具を導入しています。また、調製時は、投与ルートを予め生理食塩液等でプライミングするなど、投与にあたる看護師の被爆防止にも配慮しています。あわせて、抗がん薬による汚染状況や職員の被爆状況を把握するため、定期的な環境モニタリング、調製者の尿検査を実施して調製作業の安全確保に努めています。
 
 
安全キャビネットでの閉鎖系調製器具を用いた抗がん薬の調製
 
 

 8.地域連携

 本院では、正確で安全な吸入方法を習得して頂くため、保険薬局と連携し、吸入療法を支援する取り組みを行っています。

  1. 吸入指導連携システムはこちら(PDF形式)
  2. 吸入指導依頼書・評価表はこちら(PDF形式)
  3. 各薬剤の吸入手順
    1. ディスカス(PDF形式)
    2. タービュヘイラー(PDF形式)
    3. ハンディへラー(PDF形式)
    4. エアゾール(スペーサー有)(PDF形式)
    5. エアゾール(スペーサー無)(PDF形式)
    6. レスピマット(PDF形式)
    7. ツイストヘラー(PDF形式)
    8. ブリーズヘラー(PDF形式)
 
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK