ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内麻酔科 > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

麻酔科

○専門分野・特徴について

手術麻酔

 手術を受けるなんて,ほとんどの人が初めてでしょう.手術のあとの痛み,麻酔からちゃんと覚めるか,などなど不安なことだらけですね.でも,そんなに心配しないで下さい。手術の最中はもちろんですが,手術の前から手術の後まで,麻酔科医が見守っています.

手術前の診察:
手術前の患者さんの健康状態を把握して,最も良い麻酔方法を検討します.このために,手術前に麻酔科外来へお呼びして診察をします.ここで,分からないことがあれば,何でも質問して下さい.

手術中の麻酔管理:
手術は治療を目的とした人為的な外傷の一種であり,当然,痛みや出血といった侵襲を伴います.この手術侵襲から生体を守るのが麻酔の重要な役目の一つです.われわれ麻酔科医は,手術中の患者さんに付き添い,心電図や呼吸状態を絶えず監視して,安全に手術が終了するように全身管理を行っています.

手術後の管理:
麻酔からちゃんと覚めるまで目を離しません.手術後の痛みには,持続硬膜外鎮痛や自己調節鎮痛(PCA)を用いて,積極的に対応しております.また,大きな手術では,集中治療室に入ってもらって,手術後の全身管理と痛みの緩和を厳重に行います.

ペインクリニック(疼痛外来)

 ペインクリニックは,痛みを専門に扱う診療科です.神経ブロックという麻酔科領域に特徴的な治療方法をもちいて,帯状疱疹痛(ヘルペス), 腰下肢痛,頸・肩・上肢の痛み,三叉神経痛,癌性疼痛など,痛みを主症状とする疾患の治療を行います.さらに,神経ブロックにより血液の循環が良くなるのを利用して,顔面神経麻痺,手足の血行不全など痛みを伴わない病気も治療します.
 強い痛みが長期にわたって続いている慢性疼痛では,痛みの強弱に心因的な要素が強く加味されることから,まず患者さんの訴えを良く聞くことから始めています.そして,治療には,神経ブロックばかりではなく,個々の患者さんに合った薬の静脈点滴や内服処方を行います.
 また,神経ブロックで一時的な効果はあるが,なかなか軽快しない痛みに対して,高周波熱凝固法を用いた治療を行っています.
 手術や注射の後にまれにしびれが残ることがあります.こうした末梢神経障害の治療にイオントフォレーシスやキセノン照射を行っています.これらの方法は有効性が高いばかりではなく,副作用がほとんどありません。
 さらに,高度の治療法として,手足の難治性疼痛(神経障害性疼痛,CRPS)に対する脊髄電気刺激療法や突発性脳脊髄液減少症に対するブラッドパッチ(硬膜外自家血注入療法)を行っています.

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK