ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内放射線診断科(核医学科) > 診療内容
本文へジャンプ

 

放射線診断科核医学科

○診療内容

 核医学科とは、害のない程度のごく少量の放射線を出すお薬(放射性医薬品)を用いて、病気の診断や治療を行っている診療科で、各臓器の写真(シンチグラム,シンチまたはスキャンといいます)を撮ったり、働きを調べたりします。対象となる臓器組織は、脳、脳漕、甲状腺、副甲状腺、肺、心臓、肝臓、脾臓、腎臓、骨などです。

  がんの診断で、最近脚光を浴びているPET/CT検査も、平成19年10月1日から、核医学科で行っています。

 バセドウ病のアイソトープ内用治療も外来で行っており、平成21年3月より、癌の強い痛みに対するアイソトープ内用療法(ストロンチウム治療)も、開始しました。
 なお、甲状腺癌のアイソトープ内用治療や、悪性リンパ腫に対するアイソトープ内用治療(ゼヴァリンによる治療)は、行っておりません。
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK