ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内放射線診断科(核医学科) > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

放射線診断科(核医学科)

○専門分野・特徴・他

 核医学の専門医が、フルタイムで、核医学全般の診療にあたっています。また担当技師も専従で、核医学機器の管理,放射線の安全管理にも万全の注意を払っています。

 超音波(エコー)、CT、MRIなどは臓器のかたちや大きさなどを知るのに適していますが、核医学検査は臓器の働き(機能)を知るのに適しています。多くの病気は,まず臓器の働き(機能)の異常が起きてから,数ヶ月ないし半年ほど遅れて,かたち(形態)の変化が起きます。したがって,臓器の働きがわかる核医学検査の方が,病気を早期に発見出来ることが多いといわれています.

 放射線の影響はわずかで、ご心配はいりません。また検査は、静脈注射した後,寝ているだけの苦痛のない検査がほとんどです。

(*)当科を外来受診される患者さんへのお願い
 放射性医薬品は、一定の速度(半減期)で減っていく特殊なお薬です。1日しか使えないものが多く、予約日当日にキャンセルされますと、まったく無駄になってしまいます。このため、キャンセルされる場合は、少なくとも前日午前中までに、ご連絡下さい。

 また前処置が必要な場合(絶食,カフェイン(お茶、コーヒーなど)禁やヨード禁、浣腸など)は、各科外来の指示に従って下さい。
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK