ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内産婦人科 > 診療方針
本文へジャンプ

 

産婦人科

○当科の診療方針

産科

胎児超音波診断の精度をより高めることにより、胎児異常を早期に発見し、出生後の治療が円滑に進むように努力しています。当院では母児同室、母乳育児を推進しています。

婦人科・婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会が定めた産科診療ガイドラインや研修内容に沿った診療を行います。手術の必要な場合には、術後の苦痛が少なく、回復の早い腹腔鏡下手術を広く取り入れています。安全で確実な手術のため、日々の修練を怠らず、他の腹腔鏡下手術施設との情報交換・人的交流を行っています。抗がん剤の治療が必要な方には、入院治療と同等かそれ以上の効果が期待できる外来通院での化学療法も行っています。

不妊治療

専門病医院と比べ、制限はありますが、合併症管理や、手術療法が必要な方の場合は、妊娠前から妊娠・分娩までを一貫してサポートします。
一般不妊検査から体外受精・顕微授精が可能です(人工授精・体外受精・顕微授精は自費診療となります)。

その他

緩和医療・子宮脱などの女性骨盤底疾患・妊娠中の母胎ウイルス感染の診断などにも積極的に取り組んでいます。また、国内・国外の学会にも積極的に参加し、診療レベルの維持・向上に努めています。
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK