ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内歯科口腔外科 > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

歯科口腔外科

○専門分野・特徴・他

(公社)日本口腔外科学会指定研修機関であり、大学病院をのぞくと北陸三県の病院では初めて指定されました。また、北陸では数少ないの日本口腔診断学会認定研修機関でかつ、日本小児口腔外科学会認定研修施設および日本有病者歯科医療学会認定研修施設であります。地域の中核病院の口腔外科として連携医療を推進しながら、特に口腔癌、顎変形症、骨折などの外傷、感染症、のう胞などに力を入れています。当院は、院内各科との連携が密であり、各種疾患の集学的治療に取り組んでいます。
 口腔癌の治療法の選択にあたっては、原発部位、進行度、年齢を考慮して、手術、放射線治療、化学療法、超選択的動注療法を組み合わせて行っています。手術は、機能温存のための縮小手術から拡大手術まで、病変の進行度に応じて施行しています。拡大手術においては欠損部に合った再建手術を用いて腫瘍切除後の咀嚼、構音、嚥下機能の改善に努めています。特に口腔癌治療は、関連各科・部局との協力が非常に重要であるため、放射線科、外科、形成外科、内科、リハビリテーション部などと連携を計って、癌患者の Quality of Life の向上を目指して積極的に集学的治療に取り組んでいます。
 下顎前突症(いわゆる受け口)などの顎変形症に対しては歯科矯正医と連携して治療にあたります。また、手術に際しては輸血部の協力を得て自己血を準備して行っています。
 骨折などの外傷は、救命救急センターを通じて24時間対応をしており、関連各科と連携して、下顎骨のみならず、上顎、頬骨などを含めた口腔顎顔面外傷の治療にあたっています。

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK