ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内脳神経外科 > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

脳神経外科
 
○専門分野・特徴・他

<脳血管障害>
 クモ膜下出血に対しては緊急で脳動脈瘤の有無、形態、部位などの診断を行い、瘤内コイル塞栓術あるいは開頭脳動脈瘤クリッピング術を行っています。
 脳出血に対しては神経症状、出血の部位、大きさなどにより、薬物療法、開頭血腫除去術、定位脳血腫吸引除去術のいずれかを選択して治療しています。
 脳梗塞に対しては閉塞血管、脳梗塞範囲などについて、神経症状、CT、MR、脳血管撮影、脳血流測定などから診断し治療にあたっています。急性期の治療としては閉塞血管の再開通を目指す薬物療法、血管内手術(血栓回収療法)を行っています。慢性期の治療としては脳血流改善を目的とした血行再建術(頚動脈内膜剥離術、浅側頭動脈中大脳動脈吻合術)を行うことがあります。頚動脈内膜剥離術は当科で開発した手術器機も使用し、安全、確実に行っています。
 未破裂脳動脈瘤に対しては今後の破裂の危険性、動脈瘤の性状などから手術治療の適応を決定しています。

<脳血管内手術>
 脳動脈瘤コイル塞栓術、脳動静脈奇形塞栓術、硬膜動静脈瘻塞栓術、頭蓋内腫瘍塞栓術、頚動脈ステント留置術、頭蓋内外動脈狭窄に対する血管形成術、脳血管攣縮に対する血管内治療および急性脳主幹動脈閉塞症に対する血栓回収術などを行っています。

<脳腫瘍>
 良性脳腫瘍と悪性脳腫瘍とに分けられますが 良性脳腫瘍である髄膜腫などに対しては一般に全摘出術が行われます。下垂体腫瘍に対しては鼻の奥から下垂体へ到達する経蝶形骨洞下垂体腫瘍摘出術が行われます。聴神経腫瘍では腫瘍摘出に伴う顔面神経麻痺出現が問題となります。この腫瘍に対しては経過観察、腫瘍摘出術、ガンマナイフ、あるいは手術とガンマナイフの組み合わせのいずれかが選択されます。
 悪性脳腫瘍である神経膠芽腫などに対しては可及的に手術で摘出し、放射線照射、化学療法などを組み合わせて治療しています。

<頭部外傷>
 多くは救急搬入であり、救命医とともに緊急で頭蓋骨々折、頭蓋内出血、脳挫傷の有無などを頭部CT、X線で診断し、各種損傷に対する治療を行っています。緊急で開頭血腫除去術が行われることもあります。
 頭部打撲後、頭蓋内で徐々に血腫が増大し、1-3ヵ月後に手術が必要となる慢性硬膜下血腫というものもあります。

<顔面痙攣>
 顔の片側が痙攣する疾患であり、命を脅かすものではありませんが進行すれば日常生活に不自由をきたすものです。脳幹から出る顔面神経が血管により圧迫されて起こるものであり、圧迫血管を神経から離す手術が行われます。圧迫血管と神経の形態は多様であり、単純なものから複雑なものまであります。当科では100人以上の手術を行っており、90%が完治します。

<三叉神経痛>
 顔の片側に突発性の激痛が走るため、食事、洗顔、会話などができなくなります。テグレトール内服で痛みをコントロールできない場合には手術をお勧めします。原因の大半は脳幹から出る三叉神経が血管により圧迫されて起こるものです。圧迫血管を神経から離す手術が行われます。
 顔面痙攣、三叉神経痛とも脳幹から出る神経が血管により圧迫されて起こるもので圧迫血管を神経から離す微小血管減圧術といわれる手術が行われます。
 簡単な手術のような記載も見られますが脳幹表面での圧迫血管と神経の形態は多様であり、単純なものから複雑なものまであります。熟練した、繊細な手術が必要となります。手術効果は劇的です。
 初回手術で治らなかった顔面痙攣の方の御相談に応じています。必要な場合には完治を目指して再手術を行っています。

<頚椎、頚髄疾患>
 変性突出した骨や軟骨、あるいは後縦靭帯骨化症などで頚髄が圧迫されて、手足のしびれ、運動障害などをきたすものです。頚部脊柱管狭窄症と総称され、進行性です。治療として狭窄した脊柱管を拡大するため、前方あるいは後方から手術を行います。

<小児脳神経外科>
 小児脳腫瘍、頭部外傷、血管障害、先天性疾患としての脊髄髄膜瘤、水頭症などに対しては小児内科、小児外科と連携し手術を行っています。

 その他脳神経外科疾患全般に対し診療を行っています。
 当科では独自考案した定位脳手術装置、頭部接着マーキングバンドを脳内血腫、脳腫瘍の手術に応用し正確な手術を行っています。
 以上のような疾患は頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れなどで発見されることも多く、症状がある場合には専門医を受診されることをお勧めします。
   
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK