ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内整形外科 > 診療内容
本文へジャンプ

 

整形外科

○診療内容

整形外科は、運動器といわれる骨、関節、脊椎・脊髄、末梢神経、筋肉の病気を担当します。人間が人間らしい質の高い生活を送るために必要な器官が運動器であり、人間の尊厳を身体の側から支えているもので、精神活動とともに人格を表現するものです。その疾患を担当する重要な診療科であります。

基本方針

一、仁を大切にした医療の実践

「医は仁術なり」を忘れず、ヒューマニズムあふれる、幅広く、懐深い、思いやりのある診療の実践に努めています。

一、専門性の高い先進医療の実践

当院は県の中核病院であり、その使命は最高かつ最善の先進整形外科医療を提供することであります。高度医療を必要とする県民に対し、世界トップレベルの治療(手術)を提供できるようにするため、地域の病医院(かかりつけ医)との連携を密にして、積極的に紹介と逆紹介を行い、当院でしか治療できない重症の疾患や専門性の高い疾患を中心に、手術の実践に努めています。

一、高度の救急医療の実践

当院は県立の三次救急病院として救命救急センターを有し、一次救急や二次救急の病院では手に負えない重傷患者や多発外傷患者が24時間体制で搬送されます。重傷の四肢、骨盤、脊椎の外傷に対して、最新かつ最善の治療の実践に努めています。

一、医師の自己鍛練の実践

国内外の学会や研修会に積極的に出席、発表し、国際的にも通用する質の高い先進医療レベルを常に維持できるように努めています。

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK