ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内心臓血管外科 > 診療内容
本文へジャンプ

 

心臓血管外科

○診療内容

 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する外科的治療(冠動脈バイパス術)や心臓弁膜症に対する弁形成術・弁置換術などの成人心臓手術。特に成人心臓手術においては循環器内科との緊密な連携により夜間・救急も含めた緊急体制をとり,内科・外科両面より治療法を検討し患者様にとって安全で有効な治療を行っております.動脈が裂けた状態(大動脈解離)や動脈が風船状に膨れた大動脈瘤(胸やお腹の大動脈など)に対し、人工血管を用いた外科的手術による治療。動脈硬化による足などの虚血症状(冷感・しびれ・潰瘍・痛み)に対し、症状の改善や歩行距離の改善、下肢切断などを避けるための血行再建術,慢性腎不全に対する血液透析のための内シャント作成。下肢静脈瘤に対する保存的治療および、静脈瘤手術等を行っています。

 内服・手術・リハビリテーション・生活習慣病改善などを含めた包括的な医療にて,早期離床・早期退院を行い負担軽減・ (生活の質)の改善に努めています.

 また,当診療科は金沢大学医学部付属病院 心肺・総合外科と連携しており,大学病院でしか行えない高度先進医療が必要な場合にはより良い治療を受けられるよう直ちに対応致しております.

 当科の手術患者さんのデータは匿名化した上で、『一般社団法人 National Clinical Database』のデーターベースに登録されます。この事業を通じ、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置の検討や、最善の医療を提供するための各臨床現場への支援が行われます。何卒趣旨を御理解の上、御協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 →患者さん向け資料(PDF形式)

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK