ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内消化器外科、乳腺・内分泌外科 > 当科の使命、方針
本文へジャンプ

 

消化器外科、乳腺・内分泌外科

○当科の使命、方針
  1. 消化器外科の診療は、がん治療と救急医療を中心に24時間体制で行っています。
  2. 術前の病状説明・術後の術後経過表などを用いて、患者さんへの十分な説明と同意を行ったうえで、外科治療を行います。
  3. 最新の高度先進外科治療の実践に努めます。
  4. 個々の患者さんの年齢・病状・病期に見合った過不足ない外科治療を行い、患者さんの術後の生活の質(QOL)の向上と満足が得られることをめざします。早期がんに対しては低侵襲手術(腹腔鏡手術)、機能温存手術(胃、大腸、乳腺)、機能再建手術(乳腺、膀胱)を積極的に行ないます。一方、進行がんに対しては、外科治療、抗がん剤治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療を積極的に行っています。
  5. 手術後の患者さんは、「かかりつけ医(開業医や紹介病院)」との連携を行ない、通院治療を容易にするよう努めます。
  6. 住民検診、講演会などを通じて、県民の健康推進に努めます。
  7. 次代を担う外科医の教育、指導を行っています。

(「専門分野・特徴・他」の項目もご覧ください)
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK