ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内小児外科 > 専門分野・特徴・他
本文へジャンプ

 

小児外科

○専門分野・特徴

 当科における年間の小児外科手術数(全身麻酔下手術)は約450 〜 500例で、頭・頸部、胸部、腹部、腎・泌尿器などのさまざまな病気に関して、多くのお子さまに手術を施し良好な手術成績を収めてきました。また、石川県唯一の総合周産期母子医療センターであるNICUの診療を小児外科の立場から支えており、小児内科、産婦人科、麻酔科、心臓血管外科、眼科等との密接な連携のもとで、高度に整備された設備と修練を積んだスタッフとともに小児総合医療センターとしての機能を果たすべく努めています。
  私たちは、小児の鼠径ヘルニアや急性虫垂炎といった日常的な病気を安全・確実に手術するとともに、食道〜胃・小腸〜大腸・肛門領域の小児消化器外科手術では、専門的技量を要する難症例の手術も多数手がけてきました。特に、ヒルシュスプルング病や直腸肛門奇形(鎖肛)、胆道閉鎖症や胆道拡張症など、消化管の先天奇形や発達障害に起因するさまざまな難疾患の手術治療では、北陸三県・中部地方のみならず関東地方や関西地方からも患児の紹介を受けています。また、漏斗胸や肺嚢胞性疾患、食道閉鎖症などの胸部疾患、膀胱尿管逆流症や水腎症、尿道下裂などの腎・泌尿器系疾患の手術についても多くの手術実績を積み重ねています(診療実績の項をご参照ください)。
  当院は、金沢大学医学部・大学院の主たる臨床研修病院であり、また、日本外科学会・日本小児外科学会の専門医制度認定施設に認定されています。このため、毎年多数の医学部教育実習生を受け入れるとともに、厚生労働省の定める新臨床研修医制度の下で、初期臨床研修医および後期研修医の修練の場として、多数例の臨床経験の研鑽のみならず患児やご家族とともに厳しい治療を乗り越え克服する過程の中から、優秀な後進の小児外科医を育成する機能も期待されています。
  子どもたちは、心身共に急成長を遂げる大切な時期にあります。私たちは、入院治療や手術によって、お子さまの成長発達にできるだけ影響を及ぼさないように、また手術後の生活の質(quality of life;QOL)を充分に考えた手術、身体と心に配慮した可能な限り低侵襲な手術治療を目指しています。具体的には、以下のような特徴ある小児外科診療を実践しています。

石川県立中央病院いしかわ総合母子医療センター小児外科の特徴

1.高度に整備されたNICUと豊富な新生児外科手術経験

当院の新生児集中治療室(NICU)は、高度な医療を必要とする低出生体重児や新生児に対し、産科・小児科系の各医療機関と連携して一貫した高度専門医療を行なってきました。平成17年からは、石川県内唯一の総合周産期母子医療センター(NICU 12床、GCU 16床)として機能しており、ドクターカーやドクターヘリを駆使して新生児の救急搬送に万全を期するとともに、産婦人科・新生児科・小児外科・麻酔科の専門医が密接に連携して、適切な母体・胎児管理から出産後の新生児治療や手術が必要な胎児奇形(出生前診断)などにも対応しています。これまで、先天性横隔膜ヘルニア、先天性食道閉鎖症、臍帯ヘルニア、胎便性腹膜炎、先天性小腸閉鎖症など多くの新生児外科手術を施行し、良好な手術成績を収めてきました。

2. 救命救急センターと連携した小児救急医療

当院救急外来(救命救急センター)では、365日24時間体制で小児を含む救急患者を受け入れており、総合診療科、救命救急科の医師が初期対応するとともに、小児系の救急担当医(小児内科・小児外科)が迅速に対応しています。また、小児の交通事故や熱傷などの3次外傷の受け入れに関しても、救命救急医が初期治療を開始するとともに、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科など専門各科との協力体制のもとで連携しながら、迅速かつ適切な救急治療に取り組んでいます。また、緊急に治療を要するお子さまの治療には、ドクターカーやヘリコプターを必要に応じて積極的に動員し迅速な搬送を行うとともに医療チームとしての診療体制を整えて対応しています。

3. 小児に対する鏡視下手術の推進

腹腔鏡や胸腔鏡と呼ばれる医療用の細径カメラを身体内に挿入し、高精細受像機(モニター)に画像を映し出して手術を行う内視鏡外科手術は、創の痛みが少ない、手術後の回復が早まり早期に退院できる、手術の創痕が小さくなるなど、手術を受ける方々にとって多くの利点があります。私たちは、お子さまの手術にいち早くこの方法を取り入れて多数の手術を行ってきました。手術の創は、およそ3 mm〜 1 cmの長さですみます。腹腔鏡や胸腔鏡を用いた内視鏡外科手術は、とりわけお子さまの腹部や胸部の手術に積極的に取り入れており、小児鼠径ヘルニア(脱腸)、急性虫垂炎、漏斗胸、胃食道逆流症、乳児肥厚性幽門狭窄症、ヒルシュスプルング病、鎖肛(直腸肛門奇形)など、毎年200名前後のお子さまの手術に施行しています。

4. 小児外科疾患に対する安全で高度な手術治療の実践

石川県立中央病院は日本小児外科学会の専門医制度における認定施設として、小児外科領域のさまざまな病気に対して外科治療を行っています。特に、小児における腹部、胸部、頚部の手術では、多くの病気のお子さまに対して、基本に忠実で安全な標準的手術を心がけて施行しています。また、小児がんなど、手術とともに化学療法(抗がん剤)や放射線療法などが重要な役割を果たす集学的治療が必要となる悪性腫瘍などの病気に関しても専門的治療の経験を積み重ねており、小児内科や放射線科、脳神経外科など専門医で結成された医療チームにおいて主導的役割を担い治療に取り組んでいます。また小児外科では、診療で得られた治療成績や手術経験を日々の診療に確実にフィードバックするため、小児内科、放射線診断科、病理診断科などの関係各科と定期的な診療カンファランスを行っており、お子さま一人一人に最も適切な治療法を検討した上で診療にあたっています。

5. 障がい児の方に対する外科治療の取り組み

当院小児外科では、障がい児の方々の生活の質(QOL ; quality of life)を高め、また、日々のご家族の介護負担を軽減するためにも、関係する各施設やクリニックの先生方と連携し、小児外科医の立場からお子さまに出来ることを熟慮して 心の通うケア・診療を目指して外科治療を行っています。精神や身体の発達に配慮した診療、お子さまの発達に応じた治療に努め、栄養状態の改善や呼吸の安定に役立つさまざまな手術(胃瘻造設術、胃食道逆流症防止術、気管切開術、喉頭気管分離手術など)を実施しています。

6. クリニカルパスの導入とチーム医療の推進

病気ごとに、検査や治療、看護ケアなどの計画内容(診療の流れ)を一覧にまとめて施行する診療方法をクリニカルパスと呼び、わが国でも近年広く普及してきました。これまでに、クリニカルパスの導入による医療の標準化(科学的根拠に基づいた検査や治療の実施)、インフォームド・コンセントの充実(検査や治療に対する理解と承諾の確認)、医療の効率化(入院期間が短縮され、医療費の無駄が減少する)や医療の安全性向上につながる成果が報告されています。私たちの病院では、さまざまな病気の診療に積極的にクリニカルパスを運用しています。私たちの科では、鼠径ヘルニアや急性虫垂炎、乳児肥厚性幽門狭窄症、停留精巣、尿道下裂などのさまざまな手術治療において電子カルテパスを導入し、小児外科診療の効率性向上や安全性の確保を基盤としたチーム医療の推進をはかっています。


参考資料・WEB
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK