ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内神経内科 > 診療内容
本文へジャンプ

 

神経内科

○診療内容

神経内科とは:

「脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気」を診療する内科です.

具体的な症状としては,「頭痛,めまい,しびれ,ふるえ,運動障害,意識障害・認知症」などを診る内科で,疾患を大きく分類すると以下のようになります.

● 脳血管障害(脳卒中):脳梗塞,脳出血

● 神経感染症:髄膜炎,脳炎

● 機能的疾患:片頭痛,筋緊張性頭痛,めまい,てんかん,不随意運動

● 免疫性疾患:重症筋無力症,筋炎,多発性硬化症

● 代謝性疾患:糖尿病に伴う神経障害,ビタミン欠乏

● 神経変性疾患:パーキンソン病,筋萎縮性側索硬化症,アルツハイマー病

● 遺伝性疾患:脊髄小脳変性症,筋ジストロフィー

神経内科に関する詳細な情報は,
日本神経学会(http://www.neurology-jp.org/index.html )(外部サイト),
金沢大学医学部神経内科(http://neurology.w3.kanazawa-u.ac.jp/)(外部サイト)
のホームページもぜひご参照ください.

なお,不安障害や不眠,うつなどの精神的な症状については,神経内科は専門ではありません.より適切な医療機関(心療内科や神経科・精神科)にご紹介いたします.
   
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK