ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内腎臓内科・リウマチ科 > 診療内容
本文へジャンプ

 

腎臓内科・リウマチ科

○診療内容

わたしたちの診療の基本理念は、患者さんとのコミュニケーションを十分にとりながら、より良い治療法の選択に努めることです。

-- 腎臓内科 --
 蛋白尿、血尿をきたす慢性糸球体腎炎、膠原病からおこる腎臓病、糖尿病による腎障害、酸・塩基平衡障害、電解質異常、薬剤による腎障害など多彩な疾患の治療にあたっております。

-- リウマチ科 --
 関節リウマチを含めた膠原病全般の診療を行っております。膠原病にしばしば合併する腎疾患との関連にも注意しながら治療をしております。ステロイド剤・免疫抑制剤の使用に加え、生物学的製剤(レシケード、エンブレル)免疫吸着療法、血しょう交換療法、白血球除去療法などの特殊な治療法も実施しています。膠原病領域の診療では、日々新たな治療法の研究が行われており、患者さんの状態に応じた治療を目指しています。

-- 透析療法 --
 当院の透析療法部は、急性期血液浄化(急性腎不全等)、血漿交換、各種吸着療法、他科入院治療中の維持透析、そして新規血液透析導入を中心におこなっております。(慢性期維持透析の患者様は、基本的には他の透析施設をご紹介させていただいております。)
▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK