ホームサイトマップ文字を大きくするには
中央病院トップページ > 各診療科のご案内血液内科 > 診療実績
本文へジャンプ

 

血液内科

○診療実績

[外来]

 血液内科は白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などの血液がんと骨髄異形成症候群、再生不良性貧血などの造血障害の患者さんを診ており、外来患者数は週に約120人で、そのうち新規患者数は約15人です。最も多い悪性リンパ腫の患者さんに対しては、外来化学療法や短期入院による化学療法と通院による放射線療法を積極的に取り入れています。輸血の必要な患者さんも多く、整備された外来化学療法室で安全に行えるようになっています。


[入院]

 血液内科の入院患者数は常時40人程度で、9割が血液がん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)の患者さんです。年間の新規患者数の内訳は、悪性リンパ腫50人、急性骨髄性白血病20人、多発性骨髄腫20人、急性リンパ性白血病5人、慢性骨髄性白血病5人程です。急性白血病に対する化学療法は、全国的な臨床研究プロトコールを用いており、当科における新規の急性白血病の寛解率は80%以上と良好な結果を得ています。

 化学療法以外にも、造血幹細胞移植を積極的に行っています。当科では、自己末梢血幹細胞移植、同種末梢血幹細胞移植、同種骨髄移植、同種臍帯血移植を行っており、また50才以上の患者さんには主にミニ移植をしています。1997年に移植を開始してから2015年末までの移植症例数は自己移植121例、同種移植161例で、最近では年間20件以上の移植を実施しており、北陸における造血幹細胞移植拠点病院の一つとなっています。自己末梢血幹細胞移植においては、重篤な合併症を生じた患者さんは1人のみで、全国の中でも極めて良い結果を出しています。致死的難病を抱える患者さんを救うため、同種移植も積極的に行っており、医師、薬剤師、看護師、検査技師、栄養士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士などの移植チームスタッフが一丸となってサポートしています。

▲ページの先頭へ 
 
HOMEBACK